土屋ホームで家を建ててみた件(案)

家を建てる過程を綴ってまいります。私もブログを参考にさせていただきましたので、誰かのお役に立てれば幸いです。

家を建てるための勉強は主にYouTube

私が家選びで参考にさせていただいているYouTube動画を参考させていただきました。

本来ならば本を読んでと思って買った本もあるのですが、さすが今の時代、とても優秀なYouTube動画がありますね。

 

私が参考にさせていただいているのは

 

ラクジュ建築と不動産

注文住宅ハウスメーカーwellnest home

姫路の公務店クオホーム

 

この動画には住宅の性能の重要性を学ばせていただきました。

ラクジュの本橋さんとウェルネストホームの早田さんは説得力がありますね。

いずれも家は性能がとても大事なんだということを教えてくれています。

近所ならばお願いしたいくらいです(笑)

 

ヒトデせいやチャンネル

まかろにお

 

元住宅の営業マンという観点から、どのメーカーや間取り、仕様を選んだらいいか勉強させていただきました。

 

いずれにしても私の独自の視点での話なので参考までに。

それぞ家に求めるものは違うと思います。

私は性能というものに重きを置いたので、やや偏っているかもしれません。

しかし、営業の方や業者の方のお話を鵜呑みにしていてはやはりいけないかなと思います。

なんせ本当に高い買い物ですから!!

金銭感覚がマヒしてきます。車買うよりも(笑)

なので少しでもお得に、有利に話を進めていくためにもある程度の勉強は必要ではないかと思います。

ご参考までに。

 

 

 

 

大雪が来たー!

しばらくブログを更新していませんでした。

その間にも着々と話は進んでいます。

北海道で、岩見沢で家を建てるならば避けて通れないのが雪対策。

しかも、今年は久々に多い(涙)

毎日三度の雪かき。

膝がやられました(泣)

 

大手の住宅メーカーでは北海道専用の家もあるようで。

高断熱はもちろん、雪対策が必要不可欠です。

北海道内の工務店や住宅メーカーであればそれは当然のことですから安心はあるのですが、やはり差異があるのは間違いありません。

そのあたりについては素人で見極めるのは非常に困難。

とはいえ、なんとか勉強して自分なりに業者の選別をする必要があります。

営業の人は自分の会社、家を悪く言うことは考えられませんから。

最低限、知識を持って話をすることは必要ですね。

さらにはそれを本当に施工できるのかどうかも重要です。

業者によって得手不得手がありますから、いやうちもできますよとは言っても、やはりそこはしっかりと見極めなければいけません。

 

ともあれ、今年は雪が多くて大変です。

雪にも強い家つくりを再認識しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道マイホームセンター札幌会場

私の独断と偏見にて。

今回は札幌会場です。

すべてではないのですが私の気になったメーカーのみで、森林公園会場と被る部分は割愛いたします。

 

1 積水ハウス

全ての面において業界トップクラスのメーカーです。

モデルハウスも豪華(笑)ご説明いただいた営業の方もとても親切で好印象でした。家造りに対する余裕と自信を感じましたね。

やはりお値段は高めのようですが、かなり信頼できそうでした。さすがです。

 

2 三井ホーム

こちらも国内トップクラスのメーカーですね。

様々な分野で展開されてますね。展示されている家も大変豪華です。

展示されているのはツーバイフォーの住宅ですが、ツーバイシックスにも対応してます。

北海道の家造りにも対応しており、やはり信頼できるメーカーなのかなと思いますが、やはりお値段は高めの設定のようです。

 

3 タマホーム

豊富な商品ラインアップから自分好みの家を建てられそうです。

良質な家を適正価格でというコンセプトのもと、施主に合った家造りが実現できそうです。

企業努力による価格を抑えながら最低限の品質を保持されている姿勢に好感が持てました。

 

4 ケントハウス

こちらはかなり気になっていました。

おしゃれでスタイリッシュな家という印象ですね。

営業がいないなど独自の形式で納得できる家づくり。

完全オーダー住宅なのでお値段はそれなりにかかりそうですが、カッコイイ家ができそうです。

 

5 ジョンソンホーム

とてもおしゃれな住宅で女性に人気のある家という印象ですね。

グループ会社に家具やソファーのメーカーがあり、インゾーネの家などインテリアと一緒に家を考えることで、シンプルな家と洗練されたインテリアが実現するそうです。

女性に人気があるのがうなずけます。

 

まだまだ素晴らしいメーカーはたくさんあるのですが、主に私が気になった住宅メーカーの印象を記してみました。

 

どこも特徴があって良いんですよね。

その中から様々な条件を考慮しながら選定することになりますが、土地から探すということと併せて行うほうが良いようですね。

私の場合は土地が既に決まっていてからのメーカー選定といううことになります。

北海道マイホームセンター森林公園駅前会場③

私の独断と偏見での印象です。

 

6 エコアハウス

千歳市本社を構え、北海道に根差した家づくり。

本当にいろいろな家を造られてますから必ず気に入るものがあるっていう感じで、しかも、どれもが高性能で床暖房や換気システムにも自信がありそうです。

どうやら軟式野球部があり全校大会にも出場されている様子。少年野球大会も開催されているなどかなりの好印象。

そういえば、お話を聞いた担当の方も鵡川高校野球部出身でした。

 

7 住友不動産

北海道に進出して歴史は浅いようですが、北海道内でもかなりシェアを伸ばしてるようです。

特徴は何といってもマンション建築に裏付けされたデザイン性。

スタイリッシュな外観にマンション仕様のキッチンなどが標準装備。惹かれますね。

 

8 日本ハウスHD

ヒノキ(檜)を使った家で丈夫で長持ち。

高性能でありながら、自分の建てたい家を自由に設計して実現できそうです。

個人的には和の家が好きなので好印象なメーカーですね。

 

9 セキスイハイム

北海道内では売り上げナンバーワンのメーカー。

鉄骨系の住宅で工場で一度組み立てるとか。しかも、工場が岩見沢市内なので近い。

注文したら三か月ほどで出来ると言われました。

間取りや外観などに自由度は低く感じましたが、スタイリッシュで高性能な住宅が魅力ですね。

 

10 住友林業

日本でもトップクラスの売り上げと満足度を誇るメーカー。

もう言うこと無しになんでもできそうです。

お値段が高そうですがそれを補って余りある品質と保証。

何かモデルハウスも重厚感がありますね。無垢の床は気持ちいいです。

 

11 一条工務店

勢いのあるメーカーで北海道内でもセキスイハイムと並んでトップの売り上げ。

国内で見てもトップクラスの売り上げです。

売りは何と言っても高品質。北海道仕様では高気密、高断熱、全館床暖、トリプル樹脂サッシが標準装備と言うことがありません。

とりあえず一条工務店で建てておけば性能的には間違いないですね。

なるほど、人気があるわけです。

 

以上、森林公園会場あるメーカーの印象を私の特段と偏見にて説明いたしました。

この会場は比較的高性能な住宅が多く、性能の面でかなり見ごたえがあります。

 

番外編

この会場のすぐ近くに住宅街があるのですが、この住宅街がとても見ごたえがあるんです。

新しくてきれいな家がズラリ!

全ての家の内覧をしたいくらい(笑)

やはり、モデル住宅よりも実際に住んでいる住宅が見たいですよね。

 

北海道マイホームセンター森林公園駅前会場②

あくまでも私の意見として。

森林公園会場にあるメーカーさんから。

 

1 アイルホームさん

北海道産のカラマツの集成材を使用。

札幌に本社があり、北海道で家を作るなら安心できそうです。

 

2 土屋ホーム

北海道発の高品質が売り。外断熱による高気密、高断熱で、全館換気システム、床下換気についても経験が豊富です。

道外にも進出してますが、やはり北海道での実績がありますね。

不動産や特殊建築部もあり総合的にお願いできそうです。

 

3 ミサワホーム

全国的に売り上げ、満足度ランキングが高いメーカーですね。

個人的には蔵のある家と、外観のデザインが好きです。

特殊な構造で高断熱と耐震も◎

 

4 スウェーデンハウス

こちらも全国的に売り上げ、満足度ランキングが上位の住宅です。

北欧風の外観が特徴的ですが、デザインだけではなく高品質、高断熱、高気密も兼ね備えています。

デザインに好き嫌いがあると思いますが、高品質の家を建てるなら◎

 

5 ユニバーサルホーム

全国に展開されているようですね。

売りは何といっても高品質に加えて地熱床システム、地熱床暖房。

床下に空間が無いので湿気や浸水する心配もないとか。

 

つづく

北海道マイホームセンター森林公園会場①

まずはやはり住宅メーカーですよね。

北海道マイホームセンター森林公園駅前会場へふらっと立ち寄り。

馴染みのものから知らないものまで。

メーカーの特徴が現れていて面白いですね!

一条工務店

住友林業

セキスイハイム

日本ハウス

住友不動産

アイルホーム

土屋ホーム

ミサワホーム

スウェーデンハウス

ユニバーサルホーム

どれも個性的で素晴らしい!

ただ住宅メーカーは少々高いイメージがあり、その辺りはどうなのか。

さすがに建物の様式が決まらないことには、金額もわかりません。

私なりに各メーカーの特徴と印象をまとめてみました。

次回へ。

家を建てよう

高気密

高断熱

 

いわゆる性能のいい家を建てたいという希望はもちろんなんですが、もう一つあるものと一緒に建てたいという希望がありました。

その両方を実現させる、実現できるところを求めていました。

そのもう一つとは…

興味のある方は別のブログをご参考ください。

あるものも建てたいし、いい家も建てたい。

 

さて、問題はどこにお願いしたらいいのか。

やはり家を建てるということであればまずは住宅展示場に足を運んで住宅巡り。

いろんなメーカーがありますよね。

そして、メーカーごとに特色があります。

私としては住み心地重視で。

奥様はやはり見た目も内装も。

それにしてもいろんなメーカー、工務店などがあってビックリです!

さてどうするか。。。